アーバンスタイルでありながら、「革」という自然素材のぬくもりを感じられ、そしてクールにデザインされたUNISON DEPT.のバッグはすべてmade in Japan. 日本の職人の「心で作る」バッグです。

STOUT BEAN BODY BAG

型番 51-5063
販売価格 18,000円(税抜)
在庫数 在庫あり
購入数

BlackWine RedDark OrangeDark Brown
18,000円(税抜)
売切れ中
18,000円(税抜)
売切れ中

# STOUT BEAN BODY BAG

ステアハイド(牛革)ヘビーレタン鞣しの軽くて丈夫な素材を使用しています。

さや型のデザインは、とてもシンプルで口開きもよくものを並べてすっきりと収納できます。
タテ型のボディバッグに比べ両サイドで引っ張るつくりのため、バッグ自体が体にフィットします。
また中のものが底にたまらないのですいすい出し入れができます。
ベルトを短めにセッティングすれば片方の肩掛けに、長めにセッティングすればななめ掛けになります。
 

ベーシックながらどこにもないデザインは、ジャケットorスーツ
またはブルゾンなどすべてのスタイルに対応できます。

内装も先染めコットンチェック柄で高級感があり、明るい室内は
ものを探しやすくなっています

内装にポケットもあり、細かなグッズも分けて収納可能です。

アーバンスタイルだけでなく、
フロントジップポケットもおおきく開くのでチケットなどの長いものを入れられトラベルにも便利。

実際に、グッズを入れてみました。
 ・iPhone6S(アルミバンパー装着で一回り大きな状態)
 ・ウォレット
 ・バインダー(システム手帳)
 ・コインケース
 ・キーケース
まだ若干余裕があります。


-Material-
: 本体 ステア アンティークソフトレザー
ヘビーレタン鞣し 牛革

タンニン鞣しと、クロム鞣しの、両方の加工法を駆使して作られる革。
簡単にいってしまうと、革本来のエイジングや、質感が楽しめるタンニン鞣しの良さと同時に、ソフトで加工性が高いクロムなめしの、良い部分も併せ持つ革です。
詳しくお話しすると、コンビネーション鞣しとの言われるクロムとタンニンを様々な方法で組合せ作り出す革で、
一概にこれという特徴ではなく仕上がりや雰囲気はこの組み合わせによって異なります。
STOUTに使用しているヘビーレタン(コンビ)鞣し革は、ハリが適度にあるが、フルタン鞣し革より角張らず、フルクロムほどソフト過ぎない、しなやかさがあり軽量を目指し作られたものです。
また表情は、染料のみで染色した透明感あるアニリン仕上げの革。タンポナート加工(手作業で行う染色技法)で、
アンティークなムラ感の風合い、表情があります。仕上げにオイルを吹き付けて、手触りの良い革になっています。


:付属 ステア  オイルレザー 
ヘビーレタン鞣し 牛革

本体革ほどクロムを使用しておらず、むしろタンニンが多く入っています。
タンニン鞣しに近い仕上がりで、オイルを入れ扱いがしやすい
張りがありますが固くなりすぎずしなやかながらフルタン鞣し革に近い仕上がりを目指し作られた革
染料のみの染色で、透明感と手触りの良い革です。染料仕上げの為、自然光に当たる事や、皮脂の付着により色艶が変化する、経年変化が楽しめる革です。

SIZE W520×H150×D70

Wine Red 再入荷!!

RANKING

Calendar

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
色のついている日にちはお休みです。。 HEAD SHOPも同様の営業日となります
年末年始は12/29より1/4まで休業いたします。
年内の発送は12/28午前中までのご注文とさせていただきます。
*恐れ入りますが、12/28にショップに在庫がなく、商品センターより取り寄せの場合は1/5以降の発送となります。
  • facebook
  • twitter
  • instagram