アーバンスタイルでありながら、「革」という自然素材のぬくもりを感じられ、そしてクールにデザインされたUNISON DEPT.のバッグはすべてmade in Japan. 日本の職人の「心で作る」バッグです。

AI II - LONG WALLET

型番 12-9937
販売価格 18,000円(税抜)
在庫数 在庫あり
購入数

Ai

シンプルで堅牢

AIシリーズの中で、最もシンプルなデザインと堅牢なヘリテイジレザーを使った、エレガントなウォレットです。

十分に機能を満たしつつ素材の良さを最大限に生かすシンプルなデザイン、質感、そして品格。
UNISON DEPT.のコンセプトである「デザインだけでなく、機能だけでなく。」を実感できるロングウォレットです。

AIシリーズ同様「藍染め革」に、AI兇脇汎辰竜伏を持たせたシュリンクの型を打ち、その上に手染めを施した非常に手間のかかった、キズがつきにくく目立ちにくいエレガントなヘリテイジレザーです。



・カードポケット×10
・札入れポケット×1
・フリーポケット×4
・ジップコインポケット×1



「藍染め」
  
「藍染め」は植物の藍を発酵させた染料で染めることで、日本古来、奈良時代から続いている歴史のある染色方法です。
海外では、ゴッホやモネなどの画家に影響を与えた、
世界的に著名な浮世絵画家の、歌川広重が描く藍色を評価し
Hiroshige Blue″またはJAPAN BLUE″
と呼ばれることもある色合いです。
 
【藍染め革】
革に藍染めをする場合、藍を発酵させたものを強アルカリ溶液に溶かして染料にします。藍色を綺麗に表現するために使用する白いタンニンなめし革は酸性のため簡単に染色できません。
それを解決するために、革専用のドラム(太鼓)で「時間と手間をかけ」少しずつ染色しております。
革の風合いはそのままに、美しい色合いを体感いただけます。
革の特長である経年変化は通常のタンニン鞣し革同様いたします。
*定期的に(ラナパーなどの)ワックスを塗布していただければ、タンニン鞣し革ならではの変化、そして藍色が重なり独特の色合いに変化をいたします。

藍染革は、均一に染めることは難しくどうしても斑や色の濃淡が出来てしまいます。一枚の革の中でも色の濃淡が出るため、製品の本体内外に斑や色の濃淡の出るところがあり、製品一つ一つその色加減は若干違いがあります。
一つ一つ違うから、唯一の作品と言えるのではないでしょうか。
必要以上に手を加えない、加えられないのが藍染革の特長です。


サイズW190×H90×D20

RANKING

Calendar

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
色のついている日にちはお休みです。。 HEAD SHOPも同様の営業日となります
年末年始は12/29より1/4まで休業いたします。
年内の発送は12/28午前中までのご注文とさせていただきます。
*恐れ入りますが、12/28にショップに在庫がなく、商品センターより取り寄せの場合は1/5以降の発送となります。
  • facebook
  • twitter
  • instagram