アーバンスタイルでありながら、「革」という自然素材のぬくもりを感じられ、そしてクールにデザインされたUNISON DEPT.のバッグはすべてmade in Japan. 日本の職人の「心で作る」バッグです。

Smart Long Wallet(スマートロングウォレット)

型番 12-9507-2
販売価格 14,000円(税抜)
在庫数 在庫あり
購入数

AI(藍色)スムースカーボンブラック(黒)スムース

‐ 新作 -  AICA(アイカ)Series

” スマートロングウォレット "

コインケースが付いていない「純札」と呼ばれる超薄型長財布です。
スーツやジャケットに入れやすいすっきりした薄型。
コインケース(小銭入れ)が付いていないスマートタイプ。
*コインケース(小銭入れ)は同シリーズにてご用意しています。

・カードポケット × 12
・フリーポケット × 2
・札入れ × 2 (仕切り付札入れ)

サイズ 195×90×12
 
藍染革とカーボンレザー(カーボン染革)の2種類の素材で同型を構成したシリーズ。
藍染は「草木染」、カーボン染めは「墨染」
その特徴ある素材を濃紺の藍色と漆黒の黒と位置付けたもので、
それぞれが特徴を持つ素材を使用する初めての試みです。
通常は同じ鞣しに同じ染色方法をとり、色を変える方法ですが、
今回の2素材はともにそれぞれのなめし方とそれぞれの染色方法で行う、
1色しかできないもの同志を同じシリーズに組み入れています。

共通点は牛革であることと、
基本的な鞣しは、植物の渋で鞣した「タンニン鞣し」であること。
また、革本来の表情を生かす(エイジングして行く育つ革の)ため、
素上げと呼ばれる表面に化粧をしていない染色したままの表面であること。

「使って愛着が持てるように育つ革」であることが最大の共通点です。

それぞれの特徴は下記に詳しく記載しておりますので、よろしければご参照ください。


AI - 「藍染め」-
  
「藍染め」は植物の藍を発酵させた染料で染めることで、日本古来、奈良時代から続いている歴史のある染色方法です。
海外では、ゴッホやモネなどの画家に影響を与えた、
世界的に著名な浮世絵画家の、歌川広重が描く藍色を評価し
?Hiroshige Blue″または?JAPAN BLUE″
と呼ばれることもある色合いです。
 
【藍染め革】

革に藍染めをする場合、藍を発酵させたものを強アルカリ溶液に溶かして染料にします。藍色を綺麗に表現するために使用する白いタンニンなめし革は酸性のため簡単に染色できません。
それを解決するために、革専用のドラム(太鼓)で「時間と手間をかけ」少しずつ染色しております。
革の風合いはそのままに、美しい色合いを体感いただけます。
革の特長である経年変化は通常のタンニン鞣し革同様いたします。
*定期的に(ラナパーなどの)ワックスを塗布していただければ、タンニン鞣し革ならではの変化、そして藍色が重なり独特の色合いに変化をいたします。


カーボンブラック -「カーボン染め」-

【カーボンレザー】

劣化しにくく強度がある、漆黒の革「カーボンレザー」は牛革タンニン鞣し革を、カーボンブラックで染め上げた革。この革に使われているカーボンは、先にも述べましたカーボンブラックで、タイヤ、高圧ホースなどに使用されています。なぜならカーボンブラックをゴムや樹脂に入れることで、材料の補強、強化をすることができるからです。また、カーボンブラックは紫外線吸収に優れており、紫外線による劣化防止効果を得られます。最大の特徴は、真っ黒に着色しギン面はもちろんのこと、床面、革の中までも黒く染まる「芯通し」になることです。カーボンレザーは、仕上げをしていない(素上げ)タンニンなめし革なので、使い込むとさらに黒味が増して透明感のツヤが出ます。

Calendar

2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
色のついている日にちはお休みです。。
*大変恐縮ですが、休業日のご注文につきましては、当店からの受注確認メールはお送りできませんので、翌営業日の送信となります。 また、休業日は配送もお休みのため翌営業日の発送となります。
  • facebook
  • twitter
  • instagram